基礎知識

筋肉を効率的につけるHMBとロイシン

投稿日:

筋力トレーニングをして、もっとかっこよくなりたい。健康的にスリムな体を手に入れたい。だけどなかなかうまくいかない。方法に問題があるのかもしれません。そんな時にはHMBやロイシンの存在を覚えておきましょう。

 

ただ筋トレする時代はおわった

ただやみくもに筋トレを慕って効率よく筋肉はついてくれません。筋肉の成分を直接取ってしまうべきです。それがHMBやロイシンの存在です。

筋肉はタンパク質が分解されてできます。そのタンパク質はHMBに分解され、それがさらにロイシンに分解されるという過程をたどります。タンパク質をとって、分解を待って筋肉をつけるよりも、すでに分解されているタンパク質を摂取した方が早いというわけです。

 

ロイシンという成分とは?

ロイシンという成分は上に紹介したように、タンパク質やHMBが分解されたものです。そのロイシンをサプリメントで直接取ってしまうという方法は、効率的に筋肉をつける方法です。

ロイシンはスピーディーに筋肉をつけてくれるだけではありません。体の中に入ってきたタンパク質を素早く分解してくれて吸収効率を高めてくれる。タンパク質だけを取るよりも、ロイシンも一緒にとったほうがさらに効率的に筋肉をつけられるわけです。

HMBにもこのような効果があります。体の中に入ってきたタンパク質を分解しやすくしてくれ。素早く筋肉を作ってくれるそんな夢のような成分です。

 

HMBと組み合わせつつトレーニング

これからのダイエットや筋力トレーニングはただタンパク質をとって筋トレをするだけではなく、HMBやロイシンとの組み合わせまで考える必要があります。さまざまな研究で効果的なことは実証されています。

高齢者の筋力トレーニングにも、HMBとロイシンを取りながら筋力をつけたほうが効果を高く、運動して筋肉を傷つけるリスクも小さくなるっていうデータが立証されています。

しかも、筋肉をつけたほうがダイエットにも効果的です。

筋肉量の多い人は脂肪燃焼がしやすくダイエットがしやすいです。しかも必要な筋肉量を落としていないのでガリガリになったり、虚弱体質にもなりにくい体ができ上がるわけです。ダイエットという観点から見ても、HMB・ロイシンの存在はさらに重要性を増していくことでしょう。

 

まとめ

タンパク質を分解したものがHMBであり、ロイシンであるということは覚えておきましょう。

そしてタンパク質の分解を早めてくれて、新しい筋肉を再合成してくれるサポートになります。ダイエットもちろん、高齢者の筋力トレーニングにもサポートしてくれるのは研究でも明らか。

いくらダイエットしても筋力トレーニングをしても結果が出ないと悩んでいる人は、タンパク質とHMB、ロイシンとの関係を知るべきです。

あなたがうらやましいと思っている人も、すでにこのことを知っているでしょう。結果を出したければ効率的な方法をとるべきです。

-基礎知識

Copyright© 筋肉を増やすHMBの効果と副作用|おすすめHMBサプリの選び方 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.