基礎知識

HMBとクレアチンの違いと一緒に取るメリット

投稿日:

無駄な脂肪をなくして筋肉を付けたいとか、トレーニングしているのになかなか筋肉が大きくならないなど、筋肉や筋トレの悩みを抱えている方におすすめなのがHMBサプリです。

一方、HMBほど話題にはなっていないものの、クレアチンも筋トレとの相性がいいと飲んでいる人もいます。

この2つの違いや一緒に飲んだ方がいい理由などを紹介しましょう。

 

HMBの効果

HMBは必須アミノ酸ロイシンの代謝物で、スピーディーに筋肉増強や肥大化をサポートしてくれます。

また、筋肉合成を活性化するだけでなく、筋肉の分解を抑える効果がありますから筋肉量が減るのを防止してくれます。

筋肉を増やして太くするという効果に特化していて、スピーディーに筋肉が肥大化しやすくなります。

トレーニングとの相性が高いですから、筋肉増強や肥大化を望んでいる人に向いています。

 

クレアチンの効果

クレアチンは運動のパワーを引き上げる作用を持っています。筋肉の収縮時には負荷がかかりますが、そのエネルギー源となるのがクレアチンです。

瞬発力を高めたりハードなトレーニングを持続させるのに役立ってくれて、トレーニングの強度を高めるのに最適です。

また、クレアチンには筋肉のたんぱく質合成を助けて体の疲労回復作用がありますから、筋肉増強や肥大化にも役立ってくれます。

 

HMBとクレアチンの違いと両方取るメリット

HMBもクレアチンも筋肉を強く太くして育てるという働きを持っています。

HMBは筋肉そのものの合成を促してくれて、クレアチンはトレーニング時の筋肉の働きを高めてくれます。

両方取ることで相乗効果によって筋肉増強のスピードが早くなり、トレーニングのパフォーマンスも高くなります。

 

ベンチプレスで5回でヘタっていたのが8回は可能になったり上げられる重量が増えるなど、より負荷のかかるトレーニングを可能にしてくれます。

このようにHMBとクレアチンを同時に摂取することで、トレーニング強度が上がって筋肉への負荷が増えると筋肉も大きく太くなりやすいですし、最短コースで筋肉を強く肥大化させることができます。

 

HMBとクレアチンの一方だけ取るなら

HMBとクレアチンの片方だけ取りながら筋トレするならどっちがいいのかというと、目的によって違ってきます。

筋トレ初心者やまた体の筋肉量が少なく、筋肉を大きくしたいという方ならHMBサプリが向いています。

筋肉そのものを増やすという目的にHMBは合致していて効率的に筋肉に働きかけてくれますから、スピーディーに筋肉強化が望めます。

 

一方、ある程度体に筋肉が付いている方がより強度の高いトレーニングで筋肉を増やしたいなら、クレアチンの方が良いでしょう。

クレアチンがトレーニングのパフォーマンスを高めてくれて、より強い肉体へと改造することができます。

 

さいごに

HMBとクレアチンはどっちも筋トレには役に立ってくれて、両方取ることで筋トレの質も上がってくれます。

両方バランスよく配合されたサプリメントもありますから、トレーニングのと供に自分に合ったサプリを上手く取り入れていきましょう。

-基礎知識

Copyright© 筋肉を増やすHMBの効果と副作用|おすすめHMBサプリの選び方 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.