基礎知識

HMBとBCAAは効果は似てるが使い方は違う。それぞれに適した使用方法とは

投稿日:

筋肉関連のサプリメントについていろいろなものがあります。

その中でかなり名の知られているBCAAと近年注目されているHMBというものがあります。

この二つのサプリメントはいったいどんな違いがあるのでしょうか?併用しても問題ないのでしょうか?

そのあたりについて紹介したいと思います。

 

そもそもこの二つの違いは大きなものがない?

この二つに関しては、そもそも全て同じタンパク質からできているものです。

市販で売られているプロテインの中にもBCAAというのははいっていますし、BCAAはHMBに変化したりもします。

筋肉の合成、筋肉の分解防止といったように、基本的な効果はどちらも一緒ではあります。

では、どれも同じなのだからこういった呼び名で変えるのはちょっと変なんじゃないのかなあ?というような感じはしそうです。

ですが、この二つはそれぞれメインの役割が違うのであります。どんなふうに違うのでしょうか?

 

BCAAは長時間のトレーニングに向いている

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンから構成されるものです。

先ほども書いたようにプロテインにも含まれてはいるのですが、このBCAAというのはプロテインの中では割合が小さいので、うまく機能をさせるためにサプリメントとして開発されたものです。

こちらは基本的に長時間のトレーニングに向いているといわれています。
その理由として、BCAAには、糖分の分解の抑制をすることによって血中の乳酸濃度を抑えてくれます。

また、有酸素運動を行っているときには脂肪も分解されますが筋肉もどうじに分解されてしまいます。

 

運動前にBCAAを摂取しておくことによって、筋肉の分解を防ぐとともに疲労を感じにくくしたり、トレーニングを長時間できるようにしてくれます。

 

HMBは逆に短時間のトレーニングに向いている

HMBは、BCAAとは逆に筋力トレーニングのような高い強度の運動に最も効果を発揮しやすいものといわれています。

高重量、低回数で行う際に使うエネルギー源となって筋肉にたまりこむようになっており、効果的な筋力アップ、筋肥大を目指すトレーニングに効果が期待できます。

特に、こういった効果を発揮する対象としてはトレーニング初心者によくみられるようになっています。

その他にも筋肉の疲労を抑えたり、筋肉増強、筋肉修復効果も強くあったりします。

 

まとめ

この二つは、主にどんな運動をするかの違いによって用途が変わってくるといっていいでしょう。

併用しても問題はありませんが、できればどんな運動をするかによって使用を変えてみながら運用してみれば、より効果の高い利用ができるでしょう。

-基礎知識

Copyright© 筋肉を増やすHMBの効果と副作用|おすすめHMBサプリの選び方 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.